新人研修記録

TOP > タカハマの近況 > 新人研修記録
  • facebook
  • twitter
  • google
  • hatena
  • pocket
  • line

2017年10月13日

新人研修記録

みなさんこんにちは。

マーケティング部署のH.Cです。

なんと早いもので、私がタカハマライフアートに入社してもう半年経ちました。

ついこの間まで学生だったとも思うのですが、もうずっと働いているような感覚もあったりします・・・

そこで先日、4月に行った研修の続きで、

この半年間を振り返る〝フォローアップ研修〟に新人3人で行ってきました。

なので今回はそのお話を少しできればと思います!

4月と9月の研修

 

タカハマライフアートの新人研修は4月に2日間、

そのフォローアップの研修を10月に1日参加しています。

 

 

研修はタカハマライフアートの社内ではなく他の会社で行うもので、

いろいろな業種の方が何人も集まります。

いつもとは違う体験や、社風を感じたり、

異業種の方との交流ができたりと新鮮で楽しかったです。

4月は社会人としての姿勢や考え方、

その他にも名刺の渡し方やマナーなど

社会人としての基礎的な部分を、ワークなどを踏まえて教えて頂きました。

ですが今回は1日の中で、4月からの半年間を振り返るということをしていきました。

「実際働いてみてどうだったか」

「4月の目標を、実際に仕事で目指せているか」

などなど・・・

その中で自分が大切だと思った内容をひとつ紹介しようと思います。

仕事で大切なこと

この研修で学んだ、社会人にとって大事なことが

『物事の捉え方』をいい方向に変えること。

これが一番大事だ!と、とっても納得しました。

講師の方に教えていただいた、イソップ寓話の一つを紹介しようと思います。

旅人が歩いていると、

レンガを積んでいる人たちがいました。

『何を作っているんですか?』

その質問を3人に聞いたら、3人とも全く違う答えが返ってきたそうです。

1人は

『知らないよ、レンガを積んでいるんだ。なんでこんな仕事しなきゃいけないんだろう!』

1人は

『このレンガを積み上げて、壁を作るんですよ。家族を養うにはいい仕事ですよ。』

1人は

『この街の文化を作っているんです。

ここには100年後も残るような立派な教会が建って、

毎日人々が誰かのために祈りに来て笑顔になるんですよ。』

返事は3人、全く違いました。

でも、みんなやっていることは同じで

『レンガを積んでいる』ということには変わりないんです。

この話を聞いてから、同じことをやるのなら責任持って楽しみながらやりたいですし、

そのためには自分の仕事の目的をしっかり理解して、やりがいのある仕事をしたいと思いました。

研修のまとめ

仕事で忙しい日が続くと、

今までの自分の仕事や姿勢について振り返る機会はなかなか無かったので

今回はとってもいい時間を過ごせました。

まだまだ半年の新人で、知らないことや未熟なところがいっぱいあるのですが、

この学びを活かして、素敵な仕事が皆さんに届けられるよう頑張ります!

また次回の投稿でお会いしましょう!

この記事を書いた人

  • facebook
  • twitter
  • google
  • hatena
  • pocket
  • line

関連記事

2018年07月09日

みなさんこんにちは! タカハマってinstagramやってること、知ってましたか? タカハマinstagram こちらがそう、実は多くの人に愛されているタカハマのinstagramです! instagram @takah…

2018年07月06日

みなさん、こんにちは。   入社して3ヶ月になったところですが、 未だに見ても見切れない光景がタカハマにあります。   それは、実際にお客様のTシャツを刷っているスタッフさんたちの姿です。 タカハマを…

2018年06月27日

6月の始まりの週に、タカハマライフアートの現場スタッフさんが中心となるライブプリント集団「Locally」が 新潟県の神立高原スキー場で開催されたアウトドアイベント、THE CAMP BOOK 2018 に出展しました。…

採用情報

タカハマライフアートについて